--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年12月12日(土) 記事No.343
はい、というわけでまた参加してきました

結果から言うとまたしても3回戦負けでした
まぁ優勝者に負けたんだから仕方ないよね!

・・・前回も同じことを言ってた気がしますが気にしない方向で


今回は全体的に立ち回りがあまり良くない感じでしたね
少しリスクの大きい読みが多すぎた気がします

もう少し安定行動をとれるようになりたいですね

大会詳細はこだちさんのブログで見ることが出来ます

俺の対戦の詳細は追記に対戦ログを書いておきますね


ちなみに俺が今回使ったPTはこんな感じ

ラティオス CS全振り
流星群 草結び かみなり 波乗り@眼鏡

メタグロス いろいろ調整振り
コメパン 地震 岩なだれ 追い打ち@鉢巻き

ゴウカザル S AC調整
インファ 文字 草結び めざ氷@珠

バンギラス S AC調整
エッジ 噛み砕く 地震 冷ビ@スカーフ

シャワーズ B HD調整
波乗り 冷ビ めざ電 あくび@食べ残し

ロトム HB
放電 光の壁 鬼火 リフレク@粘土 


調整の詳細は要望があれば書きます


終わり
●対戦ログ

コメント返信はこれの後ろです


1戦目
VS @ちょきんさん


相手パス
サンダー メタグロス ヘラクロス
ラティオス カビゴン ファイヤー

面子
メタグロス バンギラス ロトムVSメタグロス サンダー ラティオス

先発
メタグロス メタグロス


1:自・交代 メタグロス → ロトム
  相・交代 メタグロス → サンダー


2:自・交代 ロトム → バンギラス
  相・サンダー 10万 バンギラス残り2/3強
  相・サンダー砂

3:相・交代 サンダー → メタグロス
  自・バンギラス 噛み砕く メタグロス残り3/4強

4:自・交代・バンギラス → メタグロス
  相・メタグロス コメパン  メタグロス残り3/4強

5:自・メタグロス 岩なだれ 急所  メタグロス残り1/2弱
  相・メタグロス 地震  メタグロス残り1/4弱
 
6:自・交代 メタグロス → ロトム
  相・メタグロス 地震 効果なし
  自・ロトム砂

7:相・交代 メタグロス → ラティオス
  自・ロトム 光の壁

8:相・ラティオス トリック  粘土←→スカーフ
  自・ロトム リフレクター
  相・ラティオス砂
  自・ロトム砂

9:自・交代 ロトム → バンギラス 
  相・ラティオス 流星群 外れ
  相・ラティオス砂

10:自・バンギラス 噛み砕く  ラティオスひん死
   相・→ メタグロス

11:自・交代 バンギラス → メタグロス
   相・メタグロス コメパン メタグロス残り1/8弱
   
12:相・メタグロス バレパン メタグロス残りちょっと
   自・メタグロス 岩なだれ メタグロス残り1/4強 
   自・リフレク切れ

13:相・メタグロス バレパン メタグロスひん死
   自・→ロトム

14:自・ロトム 放電 メタグロスひん死
   相・→ サンダー
   自・光の壁切れ

15:自・ロトム 放電 サンダー残り1/4弱 サンダーまひ
   相・サンダー身代わり オボン発動
   自・ロトム砂
   相・サンダー砂

16:自・ロトム 放電 身代わり破壊
   相・サンダーまひ
   自・ロトム砂
   相・サンダー砂

17:自・ロトム 放電 サンダー残り1/4弱
   相・サンダー 10万 ロトム残り1/2弱

18:自・ロトム 放電 サンダーひん死

勝ち

反省
メタグロスの立ち回りが非常にひどかった試合
とりあえず初手サンダー読み岩なだれが打てなかったことが非常に悔やまれます
相手のグロスが地震打ってきても次にロトムで安全に受けられるのでここは打ってもよかったですね

後は12手目の岩なだれでしょうか
俺のグロスはコメパンで防御特化サンダーの身代り確定破壊調整なので
あそこは普通にコメパンでよかったですね

この試合は流星群はずれとかサンダーの麻痺とか運に助けられた点も大きかった気がします
サンダーが麻痺しないで身代り、はねやすめで粘ってきたら結構危なかったと思います
とりあえずグロスにグロス後出しは結構リスキーな読みになるのでやめた方がよさそうです


2戦目
VS @ハスキーさん

相手パス
サンダー ドータクン ファイヤー
ヘラクロス ラグラージ バンギラス


面子
ゴウカザル ラティオス バンギラスVSラグラージ ドータクン バンギラス

先発
ゴウカザル ラグラージ

1:自・交代 ゴウカザル → ラティオス
  相・ラグラージ 地震

2:自・ラティオス 草結び リンド発動 急所 ラグラージひん死
  相・→ドータクン

3:自・交代 ラティオス → ドータクン
  相・ドータクン 催眠  バンギラス眠り

4:自・交代 バンギラス → ラティオス
  相・ドータクン 地震 効果なし
  自・ラティオス砂

5:相・交代 ドータクン → バンギラス
  自・ラティオス 雷 バンギラス残り1/4弱
  自・ラティオス砂

6:自・交代 ラティオス → バンギラス
  相・バンギラス 悪の波動 バンギラス残り7/8強

7:相・交代 バンギラス → ドータクン
  自・バンギラス 眠り

8:自・交代 バンギラス → ラティオス
  相・ドータクン 思念 外れ
  自・ラティオス砂

9:自・ラティオス波乗り ドータクン残り2/3弱
  相・ドータクン 思念 ラティオス残り5/8強
  自・ラティオス砂  
 
10:自・ラティオス波乗り ドータクン残り1/3弱
   相・ドータクン 思念 ラティオス残り1/2強
   自・ラティオス砂  

11:自・ラティオス波乗り ドータクンひん死
   相・→ バンギラス
   自・ラティオス砂  

12:自・ラティオス 波乗り バンギラスぎりぎり耐え
   相・バンギラス 10万 急所 ラティオスひん死
   自・→ゴウカザル

13:自・ゴウカザル インファ バンギラスひん死

勝ち
立ち回りとしては一番まともだった試合

とりあえず2手目の草結び急所が相当大きかったと思います
リンド持ちだとHP振るだけで普通に耐えたみたいですね・・・

ラグを落とした後は結構うまく立ち回れたんじゃないでしょうか
ただ急所でなくてもリンドが消費されていればサルで3タテ可能な面子っだたので何とかなった気はします


3戦目
VS @むらじょさん


相手パス
メタグロス ヘラクロス ラティオス
ライコウ ボーマンダ カビゴン

面子
メタグロス バンギラス ロトムVSカビゴン ヘラクロス ラティオス

先発
メタグロス カビゴン

1:自・メタグロス 地震  カビゴン残り2/3弱
  相・カビゴン カウンター メタグロスひん死
  自・→ ロトム

2:自・ロトム 光の壁
  相・カビゴン あくび

3:自・交代 ロトム → バンギラス
  相・交代 カビゴン → ヘラクロス
  相・ヘラクロス砂

4:自・交代 バンギラス → ロトム
  相・ヘラクロス メガホーン ロトム残り1/2強
  自・ロトム砂
  相・ヘラクロス砂

5:自・ロトム 放電 ヘラクロス残り2/3弱 ヘラクロスまひ
  相・ヘラクロス メガホーン 外れ
  自・ロトム砂
  相・ヘラクロス砂

6:自・ロトム リフレク 
  相・ヘラクロス メガホーン ロトムぎりぎり耐え
  自・ロトム砂 ロトムひん死
  相・ヘラクロス砂
  自・→ バンギラス
 
7:自・バンギラス エッジ 外れ
  相・ヘラクロス まひ
  相・ヘラクロス砂

8:自・バンギラス エッジ 急所 ヘラクロスひん死
  相・→ ラティオス

9:自・バンギラス エッジ ラティオス残り1/4弱
  相・ラティオス 草結び バンギラス残り2/3弱
  相・ラティオス珠
  相・ラティオス砂
  自・光の壁切れ

10:自・バンギラス エッジ ラティひん死
   相・→ カビゴン

11:自・バンギラス エッジ カビゴン残り1/4弱 オボン発動
   相・カビゴン カウンター バンギラスひん死

負け 

初手で勝負は決まったと言っていい試合だと思います
ヘラの麻痺とかメガホーン外れのおかげで2人は落とせましたが
正直完敗でもおかしくなかったと思います

さすがにカウンターカビゴンは読めませんでした・・・

あんまり表立っていませんががHGSSの新タマゴ技なんですよね・・・
これからはやりそうなので警戒する必要がありそうです



>イナさん
了解ですー

また2時くらいに居ますね

>全部6V
最近はランダムでも割とありますよね
乱数調整半端ないです


>えね氏

勘違いでしたか・・・
なら申し訳ないです

でも最近はランダムでも6Vポケ使う人いますし
その辺は了解しておいてほしいというか・・・


>ルリ氏

最終的な意見としては
乱数調整もポケモンが疑似乱数使っているという仕様を利用している以上
その他の仕様と同じように考えてもいいということでしょうか?

とりあえず本来ゲームをするうえで行わない
時計をいじるという行為をしている以上他の仕様と同じように考えるのはどうかと思いますが・・


あとスポーツのドーピングの件ですがそれは少し同意しかねます
陸上競技なんかの数字を競う競技では少しの差がかなり影響するのでこの場合は違うと思いますが

言ってみればポケモンの個体値というのは
チーム球技なんかの選手のそれぞれのコンディションに近いと思います
あまり球技でドーピング疑惑で問題になることは少ないですが
それでも許されることではないことは確かです

でもポケモンは上限が確定してますし頑張れば上限に限りなく近づけることも可能です

要するに時間をかけさえすれば乱数調整を使わなくてもそれにほぼ等しい個体が生まれます
現に俺も通常孵化で理論値ー1の個体とかは生まれたことはあります

つまり乱数調整の一番大きい利点は個体値ではなく厳選作業時間の短縮だと俺は思っています
時間をかけるという行為をすれば乱数調整と同じ個体が出せる以上
普段以上の実力を出せるようになるドーピングとは少し違うのではないでしょうか


Lv1対戦ですかー
ストライク、ニューラ、プテラ辺りが強すぎですねww

スポンサーサイト
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2009年12月15日(火)
最近孵化作業が終わらないのでプラチナでポケトレをちょっとやってきたりしました

色エアームド 色パチリス 色カラナクシ

を何匹か捕まえてきました!


まさかこっちに運が…

個体値が酷いのは仕方ないですが使ってみようと思います


遺伝技が無いのが辛いですね…技構成が重要に…
イナ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。